これを作る!

 

さて、夏休みもあと一週間になりましたねー。

いつもだったら息子の顔がだんだんと沈みだす頃ですが

なんか今年は大丈夫だなーと思ってみてます 笑

 

やっぱりそれは宿題の影響が大きいんですねー。

今年は最後の最後まで宿題を放置しておくのは

やめよう、と夏休み最初の頃に目標をたてまして、

それに添って私も協力してきましたので、ドリルやなんかは

明日終わりそうです。ですので夏休みが終わりに近づくにつれ

胸の中に降り積もっていく宿題という名の重荷、

からは今年は解放されているようです 笑

 

それから毎年自由工作なるものを作らなくてはいけないのですが、

昨年は確かオーブントースターで出来る焼き物(陶芸)というのを

やりました。お茶碗とコップを作りまして絵付けもして

かわいいのができました。

でももうふたつとも割れてしまったなあ。。。

 

今年はアダンで麦わら帽子を作っています。

それもなんだかんだ言ってもうすぐ完成しそう。

 

 

 

 

 

昨日くらいから帽子のツバを作りはじめていまして、

順調にいけばあさってくらいには完成見込みです。

 

息子は今までアダンの葉っぱを裂いたり、トゲをとったり

っていうところまでは手伝ってくれた事がありますが、

こうして最初から最後までちゃんと形にするっていうのは

初めてでしたので、私としては半信半疑でしたが

なんとか頑張ってくれています。

 

やはり編み目はガタガタですが、こうして最後まで

形にするって事が今回の目標でしたので

達成が近づいてきて本人も嬉しそう。

 

 

息子には帽子を編み始める前に、まずどういう帽子を

作りたいのかをイメージしてもらいました。

そしてワンピースのルフィみたいな帽子が作りたいというので

私と一緒にイメージ完成図を書きました。

 

 

 

 

私の方は一足先に出来上がりましたが

かなりこの図に近いものができました。

 

物を作るときに、最初に完成した物をイメージするって

すごく大切ですよねー。

 

まず「こういうものが作りたい!」

から始まるわけですが、

 

それがもっと徐々に具体的に

 

「これが作りたい!」となるまでは

 

脳内で育てた方がよい。

 

すくすく育つように水をあげますが

この水っていうのはそれこそ

自分がそれを作ってる図、完成した図、

使ってる図、家のどこに置いてあるかの図、

 

そうやってどんどん脳内で

もう完成して使ってるってとこまで育てていく。

 

そうやって育てていく最中で

これを作るためには何が必要でどんな技がいって

今までの経験のどの部分が使えるか、

って事がわかってくる。

 

そして足りないものや知りたい情報があれば

そろえておく、調べておく、

 

そしてまたそれに添ったイメージを

上から足しておく。

 

 

ってここまでくればもう完成したようなものです 笑

 

まだなんにもできてないけど 笑

 

なんにもできてないけど脳内では

完成です。

 

脳内で完成したらあとは実際に作るだけ。

 

ずっと育ててきた脳での疑似体験を

再現するだけ、です。

 

作るって事が一番大変そうだけど

実際はそうでもないですよね。

 

もう脳の中で何回もやってるので 笑

 

もちろんイメージしてた感じと

全然違って難しい!! 

こうなってしまうと全くわからない!!

 

って事もしょっちゅうで、イメージしてたものが

最初からやりなおしー、みたいな感じで

スランプ気分でけっこうへこみます。

 

でもそうやって何度もイメージしなおして、

上書きしていくんです。

 

これがだめならあれ。

あれがだめならこれ。

 

もう引き出しの中はひっちゃかめっちゃか 笑

 

そんな感じです。

 

 

でもそうやって少しでもみんなにワークショップで

楽しんでもらえるものを作っていけたらって

そういう思いでいつも何かを作っています。